ベトベト フー 115F(HOO155F)

販売価格 4,290円(税込)
ベトベトオレンジパール4,290円(税込)
sold out
レインボートラウト4,290円(税込)
sold out
房総シルバーシャイナー4,290円(税込)
sold out
シャンパンゴールド4,290円(税込)
sold out
マイティーマットブラック4,290円(税込)
sold out
ライムチャート4,290円(税込)
sold out
カラー

DETAIL

「こんなので釣れたら楽しいな!」が川島さんの目指す「ベトベト(BETOBETO)」ルアーのコンセプトだ。処女作のフー155Fはまさにそれを具現化したモデルで、操る楽しさにくわえ、喰う瞬間も丸見えのワクワクとドキドキを味わえる印象だ。全長155ミリで自重は38g。ビッグベイトというほど大きくはないが、だからこそ専用タックルを必要とせず、手持ちのMH〜Hクラスのロッドで投げられるのもうれしいところ。最大潜行深度は16ポンドのフロロカーボンで1m前後。つまり表層から目視できるレンジがターゲットになる。

基本はリーリングによるノーマルリトリーブではあるが、多彩なフー155Fをそれだけで終わらせるのは実にもったいない。まず入手したら、リトリーブスピードを変えた時のアクションの違いに気づくことだろう。
「フーは速引きでもスローでもしっかり泳ぎます。リップにはポリプロピレンという柔らかめの素材を使っています。タックルボックスの仕切りなんかに使われるのと同じ素材ですね。リップの素材が柔らかいから水を受ける抵抗の強さによってアクションが変わってくるんです」。

速引き=「少しバランスを崩す方向で激しい強めのアクションです。水の抵抗が強くなってリップが少し反れる感じで不規則にダートします」

中速=「速巻きほど暴れすぎず、ジョイントベイトならではのパタパタしたウォブルとロールがちょうどいい塩梅で働いてくれます」

スローリトリーブ=「リップが水を受けつつも逃がす方向で、どっちかっていうとS字系っぽい感じです。キビキビではなくヌルヌルしたアクションを目指しました」
カラー
ベトベトオレンジパール4,290円(税込)
sold out
レインボートラウト4,290円(税込)
sold out
房総シルバーシャイナー4,290円(税込)
sold out
シャンパンゴールド4,290円(税込)
sold out
マイティーマットブラック4,290円(税込)
sold out
ライムチャート4,290円(税込)
sold out